サイトメニュー

様々な症状として現れます

医者

仮面デプレッションは仮面うつ病のことで、頭痛などの様々な症状として現れることが多いです。責任感が強い人に現れることがあり、仕事を含めた生活を見直すことが必要になります。早い内にクリニックで相談することをおすすめします。

詳しく見る

身体症状が強く出る傾向

悩む成人女性

仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれており、精神症状もよりも身体の不調のほうが強く出る傾向があります。他の病気と誤診されやすいですが、内科で治療を受けても改善しない場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。

詳しく見る

体の症状が強く出る

男性

仮面デプレッションはあまり聞きなれない言葉ですが、仮面うつ病のことを指します。心よりも体の症状が強く出ることが特徴的で、うつ病だと気づくのに遅れることも珍しくありません。まずは心療内科など専門の医療機関で診察を受けましょう。

詳しく見る

隠れうつ病とは

女医

うつ病には広く知られた大うつ病性障害や双極性障害の他に、仮面デプレッションと呼ばれる精神症状ではなく身体的症状のみ現れる「隠れ鬱」があります。治療費は薬により異なりますが、1回の受診に約2千円から8千円程かかるのが相場です。

詳しく見る

わかりにくいうつ病とは

女性

体調に現れる仮面うつ病

会社に行こうとするとお腹が痛くなると言う現象はよく効くものですが、これは仮面デプレッションと言ううつ病の1種であることも少なくありません。最近はこの画面デプレッションが非常に増えており、実際のうつ病と並んで非常に大きな社会問題となっているのです。仮面うつ病とも呼ばれていますが、お腹が痛くなったり頭痛がしたりといった現象を発生し、精神的な問題を示さないことが多いためうつ病とは気づかないことも多いのです。しかし、医学的にはうつ病の1つとみなされています。最近この仮面デプレッションが増えている要因として高いストレスを抱え込んでしまうために精神的な変化に体がついていけず不調をきたしてしまうと言う面があります。現代の日本社会では一人ひとりに対する責任が非常に大きく、また要求される内容も非常に複雑化されているため、様々なストレスを以前に比べ感じやすくなっている点が多いのです。また以前に比べて長く続く不景気のため閉塞感が強くなっており、会社で働く場合などは1人1人に求められる業務量も多くなってきていることも仮面うつ病を発症しやすい原因となっています。基本的な発症原因はうつ病に非常に近く、自分自身で感情のコントロールができなくなったり、答えが見つからなくなってしまったりした場合に精神的なバランスを崩してしまうのです。自分では精神的に強いと考えていても体がついていかないと言うことも多いのがこの病の特徴です。仮面デプレッションはうつ病の1種であり、ストレスなどの様々な要因で精神的なバランスを崩してしまった場合にこれが精神的な行動に現れるのではなく様々な体の不調に現れてしまうと言うものです。そのため体の不調を訴え病院などで診察を受けても原因がわからないことが多く、またストレスの要因となる問題が解決されるとその症状もおさまってしまうことから、体調の不良であると考えられることも少なくありません。そのため病気を治すための様々な薬を飲んだり、内科医の診察を受けたりすることが多いのですが原因が見つからないためさらに悩んでしまい悪循環を生み出すと言うことも多いのです。仮面デプレッションの特徴は精神的な面では全くと言って良いほど問題なく日常生活を送ることができるという点です。通常のうつ病の場合には問題行動や問題発言を発生させてしまうこともあるため、周囲の人がおかしいと気づくものですが仮面デプレッションの場合にはあくまでも体調不良として現れるため周囲もうつ病だと気づくケースは非常に少なくなっています。しかし内科的な治療では改善する可能性は極めて低く、精神科の医師でないと適切な判断や治療法が見つけにくいと言う問題があるのです。最近では様々なストレスのために体調を崩す人が増えていますが、その中には仮面デプレッションが含まれていることも多いため注意をしなければなりません。

Copyright© 2019 急な体調不良は仮面デプレッションかも?【うつ病の1種】 All Rights Reserved.