サイトメニュー

体の症状が強く出る

男性

心の病気と気づかない

病気にも色々な種類がありますが、仮面デプレッションと呼ばれる症状もあります。仮面デプレッションは聞きなれない言葉ですが、仮面うつ病と表現すると気づく人もあるのではないでしょうか。一般的にうつ病は気分の落ち込みや気力の低下など精神的な症状が強く出る傾向にあり、それで病気になっていることに本人も周囲も気づくことが多くなっています。それに比べて仮面うつ病の場合は気力の低下や落ち込み、憂鬱感などの心の症状よりも、頭痛や腹痛などの体の症状が強く出ることが特徴的です。それゆえ、本人も周囲もうつ病になっていることに気づかず、診察を受けても他の病気と判断されてしまうこともあります。それゆえ、間違った判断をされると改善が得られず慢性化する可能性もあるので注意が必要です。体の不調を感じて診察や検査を受けても悪いところが見つからない、治療を続けていても改善が得られないという場合は仮面デプレッションの可能性があります。こうした病気は内科などで診断されることは難しいと言えます。心の不調を治すのであればやはり専門の医療機関に足を運ぶことがおすすめです。うつ病の診断や治療は診心療内科や精神科で行われています。どちらで診てもらうべきか悩んだ場合は心療内科と精神科が併設された病院やクリニックを選ぶという方法もあります。仮面デプレッションは放置しているとさらに悪化する可能性もありますが、正しい治療を受ければ早期に改善が得られることも期待できます。心の病気はすぐに改善するわけではありませんので、長期にも無理なく通える医療機関を見つけておきましょう。治療内容は仮面デプレッションの場合は心の症状よりも体の症状が強く出る傾向にありますが、基本的にはうつ病と治療方法は同じです。治療方法としては、まずは休息をしっかり取ることが大事です。医療機関での具体的な治療方法としては抗うつ剤の処方など、薬物療法が中心になりますが、精神療法も併せて行われることもあります。初回ではすぐに病気であるかが判断できない場合もありますので、時間を掛けて丁寧に診察してもらうことも大事です。特に予約なしでも診てもらえる場合もありますが、予約をしておくとよりスムーズな診察が受けられますし、余計な待ち時間もありません。予約方法は電話で行うこともできますし、最近はホームページを用意するクリニックも多く、ネット予約に対応しているところも増えました。来院すると、初診の場合は問診票への記入が求められることが多くなっています。問診票には現在の状態や、どんなことで困っているかなどをできるだけ詳しく書いておきましょう。

Copyright© 2019 急な体調不良は仮面デプレッションかも?【うつ病の1種】 All Rights Reserved.