サイトメニュー

身体症状が強く出る傾向

悩む成人女性

うつ病の種類のひとつです

仮面デプレッションは仮面うつと呼ばれており、うつ病の種類のひとつですが、一般的なうつ病とは違い、精神症状よりも体の不調のほうが強く見られる傾向があります。腹痛や頭痛、動悸や息切れ、胃のもたれ、月経不順、食欲不振などがあります。内科などのクリニックを受診して、検査をしても異常が見られなかったり、内服薬を服用しても改善しにくかったりします。内科のクリニックで治療を受けても、なかなか改善しない場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などの受診を勧められることがあります。仮面うつは精神症状が、比較的軽い傾向がありますが、憂鬱な気分が続いていたり、気力や意欲が低下したりして、仕事や学業などに影響が出ることもあります。抑うつ症状と精神症状の両方が見られる場合は、仮面デプレッションを診断されることが多いです。基本的にはうつ病と同様に、抗うつ剤や抗不安薬などの内服薬による治療が中心になってきますが、ストレスの原因を知るために、カウンセリングなどの精神療法も続けることが大事です。精神神経科の病院やクリニックは、以前に比べると開放的で明るい雰囲気になっているため、通院しやすい環境が整っています。仮面デプレッションの場合は、入院治療は必要がないことが多く、通院による治療が中心になります。現代はストレス社会になっているため、職場や学校の人間関係が複雑だったり、家庭不和などがあったりする場合は、過度なストレスが掛かってしまうため、月経不順や胃のもたれ、下痢、腹痛などの体の不調が続くことがあります。仮面デプレッションは、身体の不調のほうが強く出るため、周囲の人もうつ病だと気付かないことも少なくありません。寝付きが悪くなって、朝は気分が優れないと感じたり、意欲や気力が低下していると感じたりしている場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、うつ病チェックを受けることが大事です。仮面デプレッションは、体の不調という仮面に隠されているうつ病のひとつです。仮面デプレッションは、他の病気と誤診されやすい傾向がありますが、内科などで治療を続けても改善しない場合は、精神神経科の病院やクリニックで治療を始めることが大事です。一般的なうつ病に比べると、仕事や学業、家事などに影響が少ないのが特徴です。仕事や育児、家事などを続けながら、通院治療を受けることが可能です。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、寝付きの悪さを感じている場合は、睡眠導入剤を処方してもらうのも良いでしょう。適切な治療を受けることで、改善しやすいです。

Copyright© 2019 急な体調不良は仮面デプレッションかも?【うつ病の1種】 All Rights Reserved.